魔女が、孝之君と出会ったのは「六番目の小夜子」の秋でした。
まだ、あどけない顔の孝之君…秋は、大人びた物言いをして、
優等生で、あまり笑わない子でしたね。
始めは、その役柄がなんとなく気になって、
いつもいつも秋の姿を追っていました。
淡々と静かに話す秋の、
その言葉とは違った思いが聞こえてきたのは、いつからだろう…。

愛らしいけれど力強く輝く瞳、
少し動かしかけてすぐに硬く結ばれる唇…
秋の気持ちが直接胸に届いて痛いほどでした。

秋の…孝之君の不思議な魅力に惹かれてもう4年になります。

孝之君がどんどんお芝居の深みにはまっていったように、
魔女はますます孝之君にはまっていっています。

いつの間にか、想像つかないほど人気者になって、
いつの間にか、魔女の知らない世界に行ってしまった…

でも、孝之君のお芝居に対する真摯な姿勢は全然変わらなくって、
人気に有頂天になることなく、
いつでも目いっぱい考えて、いつでも全力で、
そしてなにより、「自分」というものをしっかりと持って、
それを自然に出していけている…。
気負わず、がむしゃらにならず、
いつでも自然体で…。

シャイで人見知りで、言葉少ない孝之君。
丁寧に丁寧に言葉を捜して、
それを自分に言い聞かせるように、
自分で頷くように話す。
そんなところも、今も変わっていませんね。

そんな孝之君が
魔女は大好きです

2004.1.1


TOP    NAVI    BACK

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー