「手紙」ページに戻る
漫才 in ホール

エキストラレポ
2006年5月2日(火

舞台に登場した≪テラタケ≫コンビは、
なんだか、とっても可愛らしくって、
まだ新人のお笑い芸人のような、初々しい雰囲気でありました。
こげ茶色のレザージャケットに色あせたジーンズ…
監督さんから役柄を紹介された後は、
舞台の真ん中にいるのが落ち着かない様子…
握り締めてきた台本を見たり、二人で顔見合わせたり、
そのうち舞台の床にしゃがんで打ち合わせ(??)

さぁ〜始まるんだね、、天使の漫才。。

8時15分集合のグループP
メールを受け取ったときから、このPに微妙な不安を抱いていた魔女ではありますが、
果たして、このPはABCDEFG・・・・の順番のPでありました…(−−;)

新宿駅前の集合場所からすぐのホールが本日の撮影場所。
一番に現場入りしたPグループは、照明やマイクの調整をしているのをホケーッと見ながら、
遅い集合時間のグループが前の席を埋めていくのをじっと待つことになるのでありました。
(前のほうの席のグループとは1時間半もの時間差が・・・_| ̄|○)
でも、
偶然にもお友達がお隣で、この虚しい待ち時間も楽しく過ごせたのが救いです。

そうこうしているうちに舞台の用意も整い、
登場したのは≪テラタケ≫コンビの師匠マシンガンズ☆
魔女は見るのも聞くのも初めてなのですが、
テンション高くて、動きもあって、、そして、本当に面白い!
前説代わりの漫才で、思いっきり笑わせてもらった魔女でありましたが、
≪テラタケ≫のネタをやる…ってところで、突然緊張。。

こ、これを天使が…
うそ…
ここからの魔女は、息子のお遊戯会を見守る過保護ママ。。
(うちの子、、大丈夫かしら…)


マシンガンズがやったネタと、全く同じネタを、
同じような動きで、同じようなテンションでやって見せた≪テラタケ≫コンビ。
びっくり眼(@◇@)のまま、目の前の天使に釘付けになってる客席。
それでも天使の緊張はビシビシ伝わり、誰もが魔女と同じように肩に力が入り、
前のめりになって二人を見つめるのでありました。

まさしくマシンガン並みの喋りで一気に突っ走る山田君と、
なんとなく遠慮がちな尾上君の突っ込み。

でも、面白い!
初めて見るテンションで、初めて見る動き…初めて見る・・・・・
もう、何もかも新鮮で可愛くて、
会場は大爆笑、大拍手☆
終わったあとははっきり聞こえるほどゼィゼィ息を切らしている天使。
照明の熱も加わって、『暑い』と、手のひらで扇ぐ天使。
そして、すぐに引っ込む天使。。。

次に舞台に現れた二人は上着を脱いだTシャツ姿。
同じ漫才を繰り返して、また袖に消えていきます。
何度目かに尾上君が
「皆さん飽きてませんか?」と客席に問いかけていましたが、
全然全然飽きてません!!!な客席。

そして、本番!
再び上着を羽織って現れた二人。
マシンガンズのお二人も袖から客席に降りて若いコンビを見守っていたのですが、
ここで天使がめずらしくNG♪
しかも、一度袖に引っ込んで再度本番…で
またまたNG〜
両手で頭抱えて「だめだ〜俺」と後ろを向く天使…
『これがイワユルNGというものです』と説明してくれるスタッフさん。

頑張れ〜☆


次のシーンは『新しいネタをやります』とスタッフさんの言葉に
湧き上がる客席。
今回の撮影は、エキストラにもひとつひとつ丁寧に説明してくれて、
スタッフさん同士の連絡もはっきりしているし、
穏やかにテキパキと進んでいるように感じました。

新ネタも面白く、
テンション高く、何度も繰り返されましたが、
途中相方の尾上くんのNGに
「おまえじゃん」と突っ込んで背中を叩く場面もあって、
漫才以外のそういうひとこまひとこまが、なんだか嬉しい魔女でありました。


続いて客席の撮影…
沢尻さんと吹石さんがいる客席後方にカメラが向けられるため、
後ろの席に移動させられた魔女。。(;o;)
舞台で『テラタケ』の漫才が繰り返される中、カメラは女優さんたちを捕らえていきます。
沢尻さんは、「1リットルの涙」の時とは全く違った雰囲気で、
細い体にシャープな顔つき、今風の活発そうな女の子でありました。

この女優さんたちと直貴との間に色々な出来事が繰り広げられるんだろうけれど、
あの舞台にいる天使からは、そんなこと全く想像できなくて、
舞台と客席とは、まるで別々な世界といった感じ。。

ネタの途中から、さっき録音した2人の漫才が流れ、
それに合わせて、急にオーバーアクションになる2人。。
そんな様子も可愛くて、
しかも録音の天使の声が、めちゃくちゃいい声で、
しばし悶絶…の魔女。。。


そのシーンの後、一度ホールの外に出されたエキストラ、
ホールに戻ってから、もう1度だけ『テラタケ』の漫才を見て、終了となりました。
時刻は1時半位だったでしょうか。。
お昼をはさんで撮影が続くと思っていた魔女は、
「スタッフは次の現場に移動する準備してください〜!!」の声に
≪え〜〜〜っ≫と心の中で叫んでおりました。
撮影が順調に進んだこと、喜んであげなきゃならないんだよね。。(;o;)
順番にホールを出るエキストラ。
Pグループは、今度は一番最後…(−−;)
お弁当と缶のお茶と「手紙」オリジナルTシャツをいただいて、
雨の中、地上の人となりました。

いろいろ迷ったけれど、仕事も休んでしまったけれど、
来てよかった!
尾上君は、天使よりも若いらしいけど、
とっても気配りの俳優さんで、
天使のことも色々気にかけてくれている様子で嬉しかったです。
普通に仲良しな雰囲気に安心しました。

■カメラに映らない出番に、尾上君より遅れて登場の天使。
「俺一人でやるのかと思ったよ〜」の尾上君。

■反対側の袖に引っ込んで、「おい、どこ行くんだ〜」と尾上君に言われる天使。
(そこに何があったんだろう…)

■テープに合わせてのアクション中に、尾上君が誤って飛ばした天使のマイクを
しっかりキャッチする天使。

■足が疲れたのか、手で両足を揉む天使。
■靴ひもならぬ、マジックテープをベリッベリッと付け直す天使。

■ネタが終わった後の間がなんとも言えず居心地悪そうなふたり。
ついには自分で「カット」と切る天使。

たくさんの新鮮で可愛い天使の表情を焼き付けて、
映画「手紙」のエキストラが終わりました。
魔女はこれで『テラタケ』も見納めだけど、
映画が公開されればまた会えるね♪
それだけを楽しみに、生きていきます☆

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー